このエントリーをはてなブックマークに追加

中国による「南京大虐殺」「従軍慰安婦」のユネスコ記憶遺産登録申請は暴挙だ!!デモ 7/26(土)開催のお知らせ

~今こそ、日本の誇りを取り戻そう!~


開催の主旨:
 今年3月、中国政府が「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」に関する資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「記憶遺産」に登録申請しました。申請の可否は、戦後70 年の節目の年である2015 年(平成27 年)の夏頃に決定するとみられます。
 「南京大虐殺」や「従軍慰安婦の強制連行」は、歴史の捏造にほかなりません。“虚構”の歴史が“事実”として後世に伝えられたならば、わが国は未来永劫、汚名を着せられることになってしまいます。
 私たちは、歴史認識をめぐる日本の名誉を回復するために、中国によるユネスコ記憶遺産への登録申請は暴挙であることを訴えるデモ行進を実施致します。


開催日 :7月26日(土)
集合時間:15:15(プログラムスタート 15:30~) ※集会はありません。
集合場所:日比谷公会堂前「にれの木広場」(東京都千代田区日比谷公園1-3)

 

アクセス:
  広場
   【丸の内線】「霞ヶ関駅」下車 B2出口より徒歩約4分
   【千代田線】「霞ヶ関駅」下車 C3出口より徒歩約5分
   【日比谷線】「日比谷駅」下車 A14出口より徒歩約5分
   【三田線】 「内幸町駅」下車 A7出口より徒歩約3分


スケジュール:
  15:30 釈量子党首より挨拶
  15:40 デモ出発
   日比谷公園(中幸門)出発 → 内幸町 → 銀座 → 東京駅前 → 常盤橋公園(流れ解散)

 

参加にあたってのお願い:
 ・熱中症予防のため、飲み物等をあらかじめご準備ください。
 ・「日本国旗」をお持ちの方はご持参ください。
 ・プラカード等は各自で作成いただき、ご持参ください。
 ・雨天決行となります。雨具は各自お持ちください。

 

主催:幸福実現党
問い合わせ:03-6441-0754(火曜~土曜 10時~18時)

  中国による「南京大虐殺」「従軍慰安婦」のユネスコ記憶遺産登録申請は暴挙だ!!デモ チラシ

 

中国による「南京大虐殺」「従軍慰安婦」のユネスコ記憶遺産への申請に抗議し、
日本政府に万全の措置を求める署名

【署名の趣旨】

 先般、中国政府がいわゆる「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」に関する資料をユネスコの記憶遺産に登録申請しました。その申請の可否は、戦後70年の節目の年である平成27年の夏頃に決定するとみられます。

 中国が主張する「南京大虐殺」とは、昭和12年の「南京戦」において日本軍が30万人を虐殺したというものです。そもそも当時の南京の人口は20万人程度であり日本軍が南京に入城した際、住民は「安全区」に避難しており、30万人の虐殺などできるはずがありません。また近年の研究で大虐殺の証拠とされる当時の写真が捏造であったことも明らかになっております。

 また、「慰安婦の強制連行」についても日本政府の調査では、これを裏付ける資料は見つかっていません。

 つまり、中国は日本の国際的立場を貶めることを狙いとしてユネスコ記憶遺産への申請をしているのであり、“虚構”の歴史が“事実”として後世に伝えられたならば、わが国は未来永劫、汚名を着せられることになってしまいます。

 私たちは、歴史認識をめぐる日本の名誉を回復するために、中国による記憶遺産への申請に強く抗議するとともに、日本政府に対して、登録阻止に向けて全力を尽くすよう要望します。

  署名用紙ダウンロード

  【署名活動期間】第一次締切:10月末日、最終締切:12月4日
  【署名送付先】 〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-8-6F 幸福実現党本部 TEL:03-6441-0754

page top