3 消費増税をしないままで、税収を増やすことはできるのですか?

3 消費増税をしないままで、税収を増やすことはできるのですか?

減税して景気を回復させることによって、税収を増やすことが可能です。

そもそも税収が少なくなった根本原因は、消費税率上げなどによる日本経済の先行きの不透明感によって、個人消費が冷え込んでいることにあります。また、それに伴って企業の業績が上がらないことも税収が増えない大きな一因です。

従って、個人消費を冷え込ませている大きな原因である消費税率を引き下げて、個人消費を伸ばし、企業の業績を上げることが、最大の税収増加策となります。

こちらもおすすめ

4 将来の世代にツケを残すべきではないので、増税に耐えるべきではありませんか?

増税の判断自体が、後の世代に大きなツケを残すことになります。 一度増税をすると、なかなか税率を下げるという判断はしにくいものです。そのため、増税をするという判断自体が、国民の経済活動の自由の妨げとなり、後の世代に大きなツケを残すことになります。 そもそも、多額の財政赤字は、国家運営の責任者である政治…

もっと読む

2 国の財政赤字を解消するには、消費税率を上げるしかないのでしょうか?

消費税率を上げると、かえって税収は減ります。 「財政赤字なので消費増税が必要」という「常識」には、2つの間違いがあります。 1つは、「消費税を増税すれば税収が上がる」と考えていることです。 1989年の消費税導入前後をピークに、日本の税収は減少傾向にあります。また、1997年に消費税率を2%あげたと…

もっと読む

1 憲法が「政教分離」を定めているから、宗教は政治に参加できないのではないでしょうか?

「政教分離」とは、政治が宗教を弾圧しないために設けられた規定であって、宗教が政治に参加してはいけないという規定ではありません。 上記のような規定が日本国憲法で採用されているのは、戦前に国家神道が他の宗教を弾圧した歴史があったためです。もし、宗教が政治に参加してはならないのであれば、それこそ憲法が定め…

もっと読む

おすすめコンテンツ