2 国の財政赤字を解消するには、消費税率を上げるしかないのでしょうか?

2 国の財政赤字を解消するには、消費税率を上げるしかないのでしょうか?

消費税率を上げると、かえって税収は減ります。

「財政赤字なので消費増税が必要」という「常識」には、2つの間違いがあります。

1つは、「消費税を増税すれば税収が上がる」と考えていることです。

1989年の消費税導入前後をピークに、日本の税収は減少傾向にあります。また、1997年に消費税率を2%あげたところ、日本経済は、北海道拓殖銀行や山一證券が破綻するような不況に突入してしまいました。消費税率を上げることによって日本経済が不況となり、全体の税収が減ってしまったのです。従って、税収を増やしたいのであれば、景気を回復させて法人税や所得税の税収を増やすべきです。

もう1つの間違いは、政府が「財政赤字だから増税やむなし」と安易に考えていることです。

財政赤字のときに、国民の財産を没収して、政府の負債の穴埋めをしようとする考え方は、国家社会主義的な発想です。政府の負債を国民一人当たりで割って国民の負債にすりかえることによって、政府は、「国が本来負うべき財政赤字の責任を国民に転嫁しようとしている」といえます。

こちらもおすすめ

よくあるご質問

  党員関係 Q 幸福実現党の党員になりたいのですが、どうすればよいですか。 A 党員申込書のご提出と、党費のご入金をお願い致します。 党員のお申込書はこちら(https://hr-party.jp/joinus/)にございます。   Q 家族党員になりたいのですが、どうすればよ…

もっと読む

1 憲法が「政教分離」を定めているから、宗教は政治に参加できないのではないでしょうか?

「政教分離」とは、政治が宗教を弾圧しないために設けられた規定であって、宗教が政治に参加してはいけないという規定ではありません。 日本国憲法は、「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する」(憲法20条1項前段)と規定して「信教の自由」を保障するとともに、「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政…

もっと読む

3 消費増税をしないままで、税収を増やすことはできるのですか?

減税して景気を回復させることによって、税収を増やすことが可能です。 そもそも税収が少なくなった根本原因は、消費税率上げなどによる日本経済の先行きの不透明感によって、個人消費が冷え込んでいることにあります。また、それに伴って企業の業績が上がらないことも税収が増えない大きな一因です。 従って、個人消費を…

もっと読む

おすすめコンテンツ