大川隆法が語る2012年の展望 「国家社会主義への警鐘」

幸福実現党の機関紙は、「幸福実現党NEWS」レギュラー版(月1回程度発行/A5/全4ページ)と「幸福実現党NEWS」党員限定版(不定期発行/タブロイド/全4面)がございます。

幸福実現党のオピニオンや、活動レポート、著名識者の対談や政治Keyword解説を内容に含んでおり、日本と世界の政治・経済に対し、他メディアにはない独自の視点で考察し、先見性ある提案を目指しています。

なお、「幸福実現党NEWS」党員限定版は、1面と2面に限りネットで閲覧ができます。全編ご覧いただくためには、党員もしくは特別党員にお申込みいただく必要がございます。

党員もしくは特別党員のお申し込みについては、「入党のご案内」をご覧ください。

※特別党員限定メール「及川幸久のWorld Report」は第4号(発行日2018.01.03)までPDFにて配信しておりましたが、第5号(発行日2018.04.01)からはテキスト形式での配信となっております。

大川隆法が語る2012年の展望 「国家社会主義への警鐘」

発行番号
第28号
発行日
2012.01.07

2011年は、未曽有の災害となった東日本大震災が発生し、菅前政権による場当たり的な対応が被害を拡大するとともに、「脱原発」路線により、日本の持続的成長が危ぶまれる事態が生じました。その後、発足した野田政権では増税路線が鮮明となり、外交面でも中国の覇権主義に基づく海洋侵出のなど、内外政ともにわが国を取り巻く情勢は混迷の度を深め、まさに幸福実現党が立党以来、訴えてきた「国難」が到来した一年となりました。そうした折、大川隆法党名誉総裁は11年12月10日、ついき秀学党首と「国家社会主義への警鐘」と題する公開対談を行い、2012年の展望を示されました。内容の重要性から一部を特別に紙面掲載します。

おすすめコンテンツ