この国に誇りと自信を

──戦後72年 終戦の日に寄せて

幸福実現党の機関紙は、「幸福実現NEWS」レギュラー版(月2回程度発行/A5/全4ページ)と「幸福実現NEWS」党員限定版(年4回発行/タブロイド/全4面)、特別党員限定メール「及川幸久のWORLD REPORT」(月2回発行)がございます。

幸福実現党のオピニオンや、活動レポート、著名識者の対談や政治Keyword解説を内容に含んでおり、日本と世界の政治・経済に対し、他メディアにはない独自の視点で考察し、先見性ある提案を目指しています。

なお、「幸福実現NEWS」党員限定版と特別党員限定メール「及川幸久のWORLD REPORT」は、1面と2面に限りネットで閲覧ができます。全編ご覧いただくためには、党員もしくは特別党員にお申込みいただく必要がございます。

党員もしくは特別党員のお申し込みについては、「入党のご案内」をご覧ください。

この国に誇りと自信を

──戦後72年 終戦の日に寄せて

発行番号
第92号
発行日
2017.08.14

 

自虐史観を清算し、憲法9条改正を

「先の大戦は日本の侵略戦争であっ アジア諸国リーダーの証言た」という“自虐史観” は東京裁判によって確立され、戦後、日本に蔓延しました。しかし、今日の歴史研究の結果、戦後“ 常識” とされてきた歴史観が公平な史実に基づいておらず、特に、「南京大虐殺」「従軍慰安婦の強制連行」は日本のマスコミの扇動や中国・韓国の捏造であることが分かっています…

続きはPDFにて全文お読みいただけます。

おすすめコンテンツ